記事の詳細

170326慰問2 3月26日(日)、福祉の活動として施設慰問をしました。参加者は5人。13:30に集合して、今回おじいちゃんおばあちゃんにお渡しするメッセージカードの作成をした後、歌の練習に入りました。15分程歌と体操の練習をしてから施設へ伺いました。

 今回は春の季節の曲を中心に構成し、施設で歌っている曲も一緒に歌い、全部で7曲歌いました。準備した曲の中には利用者さんが知らない曲があり一緒には歌えなかったり、体操が上手く出来ないと言うことがありました。

170326慰問3 しかし、知っている曲の時には笑顔で一緒に歌って下さいました。「信濃の国」を歌った時には歌に合わせた手話を交えた運動をしている方もいて、とても楽しんで下さっている様子でした。最後におじいちゃん、おばあちゃんにメッセージカードをお渡しして慰問を終えていきました。

 活動終了後、全体で感想をシェアリングをして、次回の慰問の内容を皆で話して解散となりました。参加者からは「コミュニケーションをとる中で元気を貰えた。」「だんだん楽しそうになってもらえて良かった。」等の感想をいただきました。

 今回活動後の感想のシェアリングの時、「慰問先に合わせた手遊び歌や活動を考えていけるといい。」「”出来ない”ってなった時に”こうしてみよう!”という別のパターンを考えておけるといい」という意見を頂いたので今後メンバーで考えていきたいです。

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る