Mission【2】国際社会で 貢献する青年を育成します

ネパールツアー 世界平和青年連合(YFWP)は、その名のとおり、世界を舞台に行動することを自明の理としてきました。国際社会で貢献する青年を育成することは、YFWPの誕生とともにあった宿命的ミッションの一つです。もちろん、Think Globally, Act Locally」という言葉のとおり、今日のグローバル化された時代にあっては、国の内外を問わず、国際性を身に付け、異文化に対する理解を深めるために、常に世界基準で思考し、行動することが求められています。自分の住んでいる地域、社会の延長線上に"私"とつながる他国と世界が存在しているのです。

 YFWPは創設当初から、国際社会を舞台に活動を展開し、国際社会で貢献する青年の育成に取り組んできました。国内の異文化理解、国際交流活動としての「グローバルファミリー・フェスティバル」「異文化交流フォーラム」の開催、また、近隣諸国家の青年指導者との相互交流も重ねてきました。「日韓青年指導者交流(日韓兄弟姉妹結縁)」「日中青年指導者交流(日中兄弟姉妹結縁)」「北東アジア平和青年指導者セミナー」「国際青年指導者フォーラム」などの開催がその事例です。2001年からは本格的な海外支援活動を展開し、貧困児童たちを対象とする奨学金支援活動や学校建設に寄与してきました。海外支援活動は国際社会への貢献と同時に、日本の青年たちが海外での奉仕活動、異文化との出会いと交流を体験する貴重な機会を提供し、国際社会で活躍する青年の育成の一役を担ってきました。

 YFWPの異文化交流、国際交流および海外支援は、心の国境を超える家族愛の実践として展開されているがゆえに、「人類一家族平和世界の実現」のビジョンを直接的に具現化していくミッションであると言っても過言ではありません。

第1回グローバルファミリー・フェスティバル異文化交流フォーラム第4回
 

異文化交流フォーラム
  開催日 テーマ
第1回 2010年2月14日 わが母国の“家族基礎力”
第2回 2010年6月13日 多文化共生時代の国際結婚
第3回 2011年2月27日 アフリカの現状と課題に学ぶ
第4回 2012年4月15日 異文化理解と多文化共生社会を考える
~国際結婚と、そこから生まれる新しい海外支援

【異文化交流フォーラム・海外支援活動参加者の感想】

異文化交流フォーラム「国籍や肌の色や言葉も違うのに、目の輝きは一緒であることに驚きました。皆、兄弟なんだなと感じました。また、外国のかたと関わることを通して日本人特有の課題も見えてきました」(女性、異文化交流フォーラム参加)

「国際結婚は世界平和への近道だと感じました。私も国際結婚を目指していきたいと決心しました。心の壁を取り除いていけるよう努力したいです」(女性、異文化交流フォーラム参加)

「私の夢は、私の目標は、この活動を通して、一人でも多くの子供たちが、温かい家で、家族と笑って過ごして、そしてしっかり勉強をして、夢を持って愛を持って生きていけるようになることです。まさに、プロジェクトのミッションのとおりです」(女性、フィリピンツアー参加)

「今回のツアーで自分の目標がはっきりした。子供に夢を与えることをしたい。今までは興味や関心でとどまっていたが、もう一歩進んで考えることができるようになった」(男性、フィリピンツアー参加)

「プロジェクトを通して、兄弟姉妹がいることの素晴らしさに気づかせていただき、とても感謝しています。守るべき人がいるということがこれほどまでに、自分自身の心の支えになり、生きる力を与えてくれて、希望を抱いて生きようとする心の変化をもたらしてくれることを実感しています」(男性、フィリピンツアー参加)

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る